月経痛がない人ってどうしてなの?毎月辛くなるので理由を知りたい!

女性なら避けて通れない毎月の月経、その時の痛みの有る無しは大問題です。

そして痛みの大小は人によって違うものです。デリケートな話題ですが、思い切って周囲に聞いてみても相手によっては「ほとんど痛くない」という「痛みがない人」もいれば、「毎月地獄の苦しみ」という「苦しむ人」までさまざまです。一説によると昔は月経痛というのはほとんどなく、現代女性に多くみられる特徴だといいます。

そもそも月経痛はどういった理由で起こるのでしょうか。

痛みの原因

子宮筋腫や子宮内膜症などのケースを除き、痛みが起こる原因は大きく分けて3つです。

  • ホルモンに反応

子宮内膜からは生理中に「プロスタグランジン」と言うホルモンが分泌されていますが、これには子宮の筋肉を収縮させる働きがあります。筋肉を収縮させることで経血を外へ押し出そうとする仕組みであるため、プロスタグランジンが出ていることは正常であり、全く問題がありません。ただ分泌量が多かったり、あるいはこのホルモンに過剰に反応してしまう体質だと、小さい痛みから激痛までさまざまな痛みが出てきます。陣痛が起こるのもこれと同じ理由で、プロスタグランジンが関係しています。逆に言えばこの分泌が少ない、ホルモン反応が鈍いとあまり痛まないと言えるでしょう。

プロスタグランジンは月経の前半期に多く分泌され、月経後半にはあまり分泌されないため、前半にとくに痛い、という人はこれが原因である可能性が高いと言えます。

  • 子宮口

もう1つの原因は、子宮口の狭さです。

妊娠の経験がないことやあるいはまだ10代で未熟である、または遺伝で生まれつき子宮口が狭い、そんな女性は生理が始まるとその狭い通り道に経血を通そうとして子宮が強く収縮するため、痛みを覚えることになります。出産を経験したら良くなった、という話を聞きますが、それまで狭かった子宮口が出産で広がり、以降スムーズに排血ができるようになったためだと考えられます。

  • うっ血

また骨盤の中でうっ血(血液がうまく流れていかず、溜まってしまうこと)が起こることも痛みの原因の1つです。

どうしてうっ血してしまうかの理由は人それぞれですが、多いのは運動不足・身体を冷やしている・無理なダイエット・過度な喫煙・身体を締め付ける服を着る・デスクワーク(座り仕事)ばかりしている・・等で、いずれにしても血流を悪くしてしまっています。

月経痛の原因はさまざまですので、自分の身体の状態と原因を知ることでうまく対処することができます。