生理不順って妊娠しないって本当なの?

「生理不順だと妊娠できない?」と考えている方がいますが、実はそうではありません。

生理不順ということは排卵が定期的に行われないということです。つまり子宮の準備が整う日が分かりづらくなるため、妊娠しにくい体質になってしまうのです。もちろん生理不順でも妊娠はできるのですが、毎月いつ排卵が起きるのか予測しづらいので受精のタイミングを掴みにくいのです。

では、妊娠するためにはどうすれば良いのでしょうか。

生理周期を把握し整える

まずは不定期の生理周期を整えることが必要です。

生理というと多量の出血やイライラ感や倦怠感などが生じるため面倒に感じる方もいますが、実は妊娠するために重要な身体のメカニズムです。

そもそも生理は、体内の受精に向けての準備を一度リセットする大事な役割です。女性の体内では決まった周期で卵子が作られ、受精卵が着床しやすいよう子宮内膜が女性ホルモンの作用により厚くなります。
しかし受精しなかった場合、不要になった内膜を排出する必要があります。すると子宮内膜は剥がれ落ち、体外への排出が促進されます。

これが生理です。

不要になった内膜が全て排出された後に次の受精に向け、子宮の準備を整えるようになるのです。

そして生理周期が安定していると、体内の準備が整うタイミングを予測しやすいため受精はしやすくなります。しかし生理が不定期になるとこのタイミングが予測できず、体内の状態も整いにくくなってしまいます。生理周期は女性ホルモンによってコントロールされており、ストレスなどによりホルモンバランスが乱れると、生理周期も乱れてしまいます。

子宮が小さくなる可能性がある

さらに内臓はきちんと使わないことでその機能が低下してしまいますが、子宮も同様で定期的に必要な作用が働かないと小さくなりやすいという性質があり、するとますます受精しづらくなってしまうのです。
このようにならないためには早めに生理不順を正す必要があります。しかし生理不順だからといって妊娠できないわけではありません。実際、生理が不定期でも赤ちゃんを授かった人は多くいます。ただ体内の準備が整うタイミングが定期的ではないので、毎月きちんと生理が訪れる方に比べて受精しにくいのは事実です。

さらにその状態をそのまま放置しておくことで、さらに妊娠しにくい体質になってしまいます。そのため、赤ちゃんを望んでいるのであれば、体質を変えることが必要です。そうでないと妊娠しにくいまま過ごしてしまい、赤ちゃんを授からないうちに婦人科系の機能が低下してしまうかもしれません。

1 コメント

返信を残す

必須項目には印がついています*