低用量ピル「トリキュラー」って毎日飲むからリーズナブルの方がいい…個人輸入のやり方

低用量ピルのトリキュラーは、毎日飲まないといけない薬ですからお金がかかってしまいます。

薬代以外にも診察代や処方代が発生することになるので、低用量ピルを使うというのはお金がかかるものです。少しでも安く済ませたいというときには、個人輸入をするという方法があり、海外から直接取り寄せれば診察代もかかりませんし、処方代も不要となります。

個人輸入がリーズナブルな理由

海外から取り寄せることは問題ないのかと思うかもしれませんが、個人使用に限っては処方箋が必要な薬であっても取り寄せることが許されているので、個人輸入を利用すればリーズナブルな価格で薬を手に入れることができます。

それでは個人輸入をするにはどうすれば良いのかということですが、これは販売元に直接注文をして商品を送り届けてもらえばいいだけなので、基本的には一般の通販と変わりがないものとなっています。しかし、国が違えば言葉も違いますし通貨も変わってきます、。配送の方法にしても日本国内で商品を送り届けてもらうのとはわけが違いますから、相手に伝わるように注文をするというのは簡単なものではありません。
特殊な知識がなければ難しいというわけではないにしても、一般人からすればハードルが高いことは間違いなくいくらリーズナブルな価格で取り寄せることができると言っても、個人輸入のやり方で躓いてしまって諦めざるを得ないということも多いものです。

代行してるサイトがある

そのような時に面倒な手続きを代行するサイトを利用すれば、注文をして代金を払ったあとは商品が届くだけで通販サイトを利用するのと同じ感覚でトリキュラーを購入することができます。

手続きを代行してくれるだけであってそのサイトがトリキュラーを販売しているわけではなく、文字通り業務の代行するサイトということです。低用量ピルが欲しいという人の注文を取り次いで、販売元に代金の支払いや商品発送の手続きをしてくれるので、実質的には販売元から直接商品を購入していることと変わりがないのです。通訳をしてくれるような存在であり売買自体に関与しているわけではないため、法律に触れることなく必要なものを購入することが可能です。それが通院や処方が不要の理由となります。

代行するサイトを利用すると当然手数料が発生してしまいますが、手数料が発生をしたとしても通院をするよりもずっと安い金額でトリキュラーを手に入れることができるので、節約したい時に役に立ちます。代行するサイトはいくつもあり、サイトによってかかる費用も変わってくるので利用をするときにはよく選ぶことがポイントになります。